国内バカンスで一番人気と言えば沖縄ではないでしょうか。毎年夏休みは沖縄旅行に行っているという人も多いです。海も綺麗だしご飯も美味しいし人は温かいしマリンスポーツも充実しているしと、実際に行ってみるとより人気が高い理由がわかりました。

そこで気になる1つが通信手段ではないでしょうか。すでにWiMAXを持っている方や沖縄に住んでいてこれからWiMAXの利用を考えている人など、実際に沖縄ではWiMAXの電波はちゃんと入るのか?通信速度は安定しているのか?旅行に行ったら電波が入らず使えなかったという事がないように、事前に情報は知っておいたほうが安心ですね。WiMAXは速度制限なしのポケットWiFiとして有名です。

沖縄県のWiMAX対応エリア

沖縄県内のWiMAX対応エリアは以下の通りです。

那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、大宜味村、今帰仁村、本部町、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、八重瀬町

など都心を中心に対応しています。また、エリアも拡大予定なので最終的には沖縄全体でWiMAXが利用できるようになるのではないでしょうか。WiMAXの公式サイトでは住所を入力すればピンポイントで対応エリアを確認することができます。

ただ、宮古島に関しては非対応になっています。というのも、宮古島の大半をauのLTEがカバーしているため、WiMAX対応する必要がないと考えたのかもしれません。今後もしかしたらWiMAXも対応していくかもしれませんが、現時点ではなんともいえません。

旅行で沖縄に行く場合、リゾートホテルなど大手ホテルに宿泊するのであれば大体WiMAXを安定して使用できると考えていいと思います。実際に名護市のリゾートホテルに宿泊した際にWiMAXは問題なく利用できました。電波も安定してネットサーフィンができました。

沖縄県でWiMAX使用した際の通信速度

エリアの次に気になるのはやはり通信速度ですよね。せっかくWiMAXを契約したのに通信速度が遅かったらただのストレスです。沖縄での通信速度は5~10Mbpsです。極一部では40Mbpsでる地域もあります。

WiMAXの公式サイトでは「下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps」となっています。沖縄では5~10Mbpsとだいぶ低く感じますが、実際に使用してみるとウェブサイトやSNSの観覧や投稿、メールの送受信、動画視聴などは5Mbpsあれば問題なく利用できます。動画に関しては10Mbpsあれば快適といったところでしょうか。

使用できるとわかっていても、いきなり契約するのは抵抗があるという人もいると思います。そういった方はTRYWIMAXを利用してみることをおすすめします。15日間WIMAXをレンタルできるサービスで、自宅やWiMAXを利用したい場所に行って実際に電波や通信速度の確認をすることができるので失敗がありません。

利用方法は事前にピンポイントエリア判定で利用予定場所のエリアを確認します。利用可能エリアであれば申し込みをすれば後はWiMAXが届くのを待つだけです。レンタル開始日は貸出機器が発送された日からカウントされます。そのため、実際に使用できる期間は15日より短くなっています。返却はメールに記載された指定の日に届くように送り返すだけです。

返却するのが少し面倒ですが、いきなり契約して失敗するよりは少しの手間くらい我慢するしかないですね。WiMAXは他のモバイル通信機と違って通信制限のない無制限になっているので、月額使用料固定の使い放題なので使用できればかなりお得です。